読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆかりでございます

ヴァイオリン弾きの日記。

音のこと、その2。

とりとめもないシリーズ。

 

耳トレの話。

イコライザー自作アプリで耳トレーニング。

f:id:yukari_7hc9:20160728212321p:image

EQu - 高品質イコライザー

EQu - 高品質イコライザー

  • elephantcandy
  • ミュージック
  • ¥360

 

 

人の耳が聞くことのできる音は

限られた周波数帯の中のものであって

 

さらには意識して聞いている音は

個人差、年齢等によって差があるということで

(モスキート音が聞こえないー!!っていう、あれ。)

 

 

前回の、音のこと。の記事では

自分がほしい音をもっと明確にイメージしようと思う。

なんて偉そうに書いたけど

 

yukari7hc9.hatenablog.com

 

そもそも。

人間って、

聞こえた音しか、再現できないんですよね。

イメージも何も。視覚はともかく、

特に耳は。聞いたことのない音は再現できない。

喋ることがまず、そう。

英語の発音とか。

音楽もたぶんそう。

聞いたことのある音しか出せない(と思う)。

tower, とかうちの父とっても苦手っす。

私は英語喋れないけど、発音だけはいっちょまえらしいww

鎌女ありがとう♫笑

(えっじゃあ何で喋れないんだろう…鎌女ごめんなさい…)

 

 

わたしはヴァイオリンを弾くから、

当然響いたり、倍音がガンガン鳴っていたり、骨に共鳴したり。

とくにアタマ😅歯が痛むほどにうるさい時もある。。から、

響きすぎている音を

無意識にシャットアウトしていることが多いかな?

とも感じます。

聴こえてないことも多いけど😅

 

で。

先日レッスンに行って、思ったんだけど。

耳だけのことでなく、

当たり前がほんとにどんどん、当たり前化するわけです。

いまは娘に遠慮して出している音。ホントは違うもーん。

だったはずが、

いつだってそういう音で弾いてしまったり。

言われるまで気づかなかったー😱

 

なので

聴こえる音の世界をたまーに

変えたいな。と思って。

 

指揮の先生に教わったこのアプリ。

マティスさんの耳トレが、自分でできるという✨

トマティスとは | 日本トマティス

 

音楽を聴くときに

このように 聴こえる周波数帯をいじることができます

(自分でグラフを操作して各周波数帯できけるようにして、それぞれ保存しておく)

f:id:yukari_7hc9:20160728213638p:image

1k

f:id:yukari_7hc9:20160728213649p:image

2k

f:id:yukari_7hc9:20160728213701p:image

だんだん何聴いてるかわからなくなってくる

f:id:yukari_7hc9:20160728213713p:image

↑これとかもう指定の周波数は聴こえてない、漏れてる周波数の音が聴こえる

 

(そして

バディ・デフランコ

このトレーニングにおすすめではないかもですけどww)

なにこれ!こんな音鳴ってたのか!!

とビビります。

ヴァイオリンとかの、倍音鳴りまくりの楽器がオススメらしいです。

 

人によっては超不要、というか余計な練習かもしれませんが…

私にはけっこう効果的で、

良かったので。

(私の場合は発表会の前にやって、

リハーサルの時に、

あっ。こわかったけど、

私の音、こんなに響いてる。飛んでる。

よっしゃーと思って脱力できました。

先生にもすごーく鳴ってたよ!とお褒めいただきました😊)

 

あーいつも何だか知らんけど余計な力が入る。っていう方

お試しいただいて損はないかも😍

 

あなた、普段どんだけ耳とじてんのよ。って話ですけど。

あと、やりすぎるとちょっと狂気に近くなるかもですけど 。

ゆるーく続けております♪

 

無料でもこのようなイコライザ自作アプリがあります。

ひそやかなおすすめ。