読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆかりでございます

ヴァイオリン弾きの日記。

2017年。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

f:id:yukari_7hc9:20170106125014j:image

お友達が作ってくれた注連飾り。

 

今年はとにかく筋肉をつけたい。ということで、

年始からさっそくレッスン受講でした。

基礎がほとんどのレッスンです。

f:id:yukari_7hc9:20170106115230j:image

同門の先輩を真似して、レッスン前にはここに来ることに♪

 

練習はしてるつもりだけど、90分みっちり基礎だけ、休みなく通して弾くとやはり、筋肉プルプル…

プルプルしなくなりたい!

明らかに楽なのを知ってしまったなら!!

 

 

レッスンは、自分の

「こうしたい、こうなりたい」

を叶えるための、

「自分では気づかない、やるといいこと」

を、ちょっとだけ知ることのできる時間だなぁと思います。

自分の欲しいものがハッキリしてるタイミングだともう少し多めに、知ることができるかなぁ。

 

でも、やるのは自分だから、やっぱり先生が言うことは、ほんのちょっと。

で、、それが、思いがけない方向からだったり、自分の今思っている世界と違う次元のことだったりするので、

軌道修正をばっと出来ないといけない、けどできない、、、なんというか、つらい(笑)

だからレッスンに行くんだよね。

本番で演奏する方がもしかしたら、気持ちは楽かも。。誰も止めないもんね。と思うくらい(笑)…

 

その体験はすごくもどかしいけれど、それだけ変われるかもしれないよ。ということ。

で、やるかやらないかは自分しだい。(汗)

 

f:id:yukari_7hc9:20170106124409j:image

 

一つ言えるのは、

いくら高いレッスンやセミナーに行っても、

払っただけのものをただ与えてもらえるかといったら、それは無い。ということ。いくらお金を積んでも、自分が欲しがらないものは絶対、手に入らない。

 

でも、欲しいと言えば必ず、ヒントはもらえる。それが、お値段関係なく、素晴らしいレッスンなのだなあと思います。

 

もちろん先生とのコミュニケーションがどれくらい、とかも関係していたり、

それすらもあまり語らなくてもわかってくださる先生だったり、その逆もあるけれど、それは言葉をトレーニングするチャンスで。言葉も表現の一つなので。

そして、自分がいざ今度はレッスンする側になった時に、つくづくまだまだだなーと思い知らされます。

 

今日は、目標だった、どえらいとりづらい四和音を落ち着いてちゃんと鳴らせたこと、緊張しつつも楽器の響きから離れないこと、耳を塞がないこと。ができたので、よしとしよう。

そして、やることをがっつりやる。

 

f:id:yukari_7hc9:20170106124639j:image

今のところ好きにやっちゃってる人

 

すきなことをやりたい。

と、

すきにやりたい。

なんか、だいぶ違うもんね。

 

好きなことで生きていく

好きに生きていく

に変えるとまた

なんか違うというか

 

どっちが良いとかいうことではなくて。

 

というジレンマと、、

ひたすらなんというかキツイ戦いをしつつ

今年も頑張りまーす。